女性が満足する疑似恋愛の不倫の関係

擬似恋愛何度もアタックして落とした女性ですが、自分のモノになったと確信すると金をかけることや愛情を表現することが無くなります。
人間とは身勝手な動物で愛情表現は二の次と思うようになるようです。
ところが女性は変わらない愛情表現を求めます。
どんなに齢をとろうとも、たとえ他人に認められない不倫の関係であっても本能がそうさせるのです。
男性と女性の想いの違いには、この愛情の表現に対する価値観の違いがあるのかもしれません。
記念日に花束を贈られて喜ぶ女性、豪華な食事に価値を見出す男性にその違いは見られます。
アタックするときには「投資」として買った花には、一瞬にして消えるからこそ価値があり想いが伝わるのですが、実は男からすると枯れたら捨てる無駄な品と考えているのです。
それだけにワクワクする不倫を継続しても、花を贈られるような恋愛観が無くなると、一気に冷めてしまうのです。
決して愛情が薄くなっているわけではないのに、不倫相手の女性が避け始めたら、愛情表現が悪いと思った方が良いでしょう。
歯の浮くような甘い言葉と最上の愛情表現によって疑似恋愛をしているのが不倫の関係なのです。
不倫をしている女性が本物の恋をしたければ、不倫を解消して正規の関係を迫るでしょうから、そんな疑似恋愛の不倫の関係に満足して十分に楽しんでいるはずです。

人気商売の仕事は不倫関係で仕事を手に入れる

仕事人気商売に携わる仕事をしていると、自分の地位を維持するために様々な営業が必要になります。
タレントなどの場合には、出世作に出演できるのであれば枕営業だって拒まないと言う女性もいるようです。
一般人から見ると容姿端麗がウリですから、不倫による関係構築はある意味大きな武器になることは間違いありません。
ただし作品ごとに不倫を種にウリ歩いていたら、狭い業界内ではすぐに噂になってしまいます。
もちろん芸能レポーターは枕営業とか不倫騒動などの言葉は使わずに、「恋多き女」としてプラスになるようにネーミングしますが、実のところは不倫関係で仕事をとっているという事になります。
なかには恋多き女で成功している人もいるようですが、業界内では数段下に見られるのは仕方のないことです。
ただ大手芸能プロに所属していれば枕営業の必要はないのでしょうが、弱小事務所ともなれば、一営業ごとにスポンサーにまでお酌周りは普通の事なのです。
そして不倫希望のプロディューサーや監督の要望に応え、大きな役をもらえるようセッティングするのは事務所の大事な仕事となっているのです。
画面のこちらからは華やかな世界に見えますが、金と愛欲が渦巻く厳しい世界なのかもしれません。
もしかすると大好きなあの女優も、不倫によって画面に映っているのかもしれません。

不倫ではゆるい関係が成熟した関係になる

ゆるい関係不倫の状態で付き合う時には、自分の家庭や会社に悪影響が出るようであれば、さっさと関係を解消した方が良いでしょう。
悪影響が出ているのにいつまでも引きずると、最終的にはトラブルに発展して、抜き差しならない状況へとなっていきます。
不倫の関係は周囲に理解を得られることは無いですし、なによりもう一方の当事者となる不倫相手のパートナーからは恨まれることさえあるのです。
男性の場合には、一度は不倫相手と暮らそうと迷っても、最終的には家族の元に戻ることになります。
奥さんのことだけではなく、子供に対する思いは断ち切ることはできないため、結果的には不倫相手との離別することになります。
ところが女性の場合には、今までの人生を捨てて駆け落ちしてでも、好きな男性に添い遂げたいと考えるようです。
夫や子供を捨てて不倫を完遂しようとする情念に気後れして駆け落ちを決めたとしても、男には会社の地位を捨てる覚悟が無いため、結果として未遂かもしくは途中で発覚して誰かに止めてもらいたいと思うようになるのです。
ですから不倫を始める時には一定の距離を保って、2人にとって楽しい内緒の時間であることを忘れないようにすることです。
そのゆるい関係が結果として成熟された幸せな時間を作ることができるようになると思います。

マンネリ生活をリフレッシュする不倫とは

リフレッシュ既婚者が不倫関係を望むのにはいくつかの理由はありますが、一番に考えられるのは不倫相手に対する好意を思い浮かべるのではないでしょうか。
ところが実際には出会い系サイトなどを利用して、相手に会ったことの無い状態で不倫が行われていることが多いようです。
そもそも不倫と言えば暗くて罪悪感のあるイメージを思い浮かべますが、いまではアミューズメントに出かけるような感覚で不倫相手を探し落ち合うようです。
不倫と言っても面倒なことを嫌い、割り切りの関係で1回限りのお付き合いとなります。
男性であればラブホテルの休憩代を用意していれば楽しめますし、女性だと時間の融通がきけばいつでも気軽に出かけることができます。
カラオケボックスで2時間ほど過ごしたり、パチンコに出掛けたと思えば、異性との不倫交際は身のあるものとなり、違った味を確かめることでパートナーとも新鮮な気持ちで向き合えるようです。
つまり不倫は、日常のマンネリした生活をリフレッシュするために行われ、その出会い方法は条件によって多様化されてきています。
特にインターネットを利用したサイトやSNSなどでは、手軽に知らない相手と知り合いトラブルの無い割り切り関係で楽しめるようになったのです。
時代が移り変わり、性の解放が現実となっているのでしょう。

国内を飛び回るCAは精神的に楽な不倫を好む

CA高嶺の花と呼ばれたスチュワーデスがキャビンアテンダントになったころからどうも様子が変わってきたようです。
以前はなかなか落とせない女性でしたが、いまでは勤務体制が厳しく恋愛どころではないようです。
そんな忙しいキャビンアテンダントの恋愛事情はどうなっているのでしょう?
国内線のCAであれば、拠点の札幌・東京・関西・中部・九州・沖縄にそれぞれの彼氏がいるようです。
独身の男性もいるでしょうが、いつ飛んで来るのかもわからない恋人のために、シングルで待っていることは無く、すぐに恋愛関係は解消されてしまいます。
その点、既婚者との不倫関係は解消されることはありません。
不倫の相手には飛び立つ前にスケジュールを伝え、機材繰りや天候によってキャンセルが出ても文句はありません。
国内を飛び回る彼女たちにとって不倫関係は精神的に楽なものなのです。
オフで地元にいるときはひたすら寝て過ごし、地元以外の時には不倫相手と過ごすのが最高のストレス解消なのです。
ただし内規の門限までには戻ってくることが必要で、寝込んでしまったら翌朝のミーティングは大変なことになりますから、自宅に帰る不倫相手の男性との付き合いは安心できるのかもしれません。
忙しいが故の不倫関係のせいか、最近は芸能ネタになることも無いような気がします。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.